治験・臨床研究
HOME 
> 
研究について 
> 
治験・臨床研究
治験
大腸菌発現系由来ヒトBMP-2遺伝子組み換えタンパク質を用いた顎骨再生療法の医師主導治験
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 インプラント再生補綴学分野の窪木拓男教授、同研究科 分子医化学の大野充昭准教授、株式会社オステオファーマなどの共同グループとともに当科も参加協力しております。詳しくは以下のホームページをご参照下さい。

「アルチカイン製剤:OKAD01」の医師主導治験(第Ⅲ相試験)
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科麻酔・特別支援歯学分野の宮脇卓也教授が主管となって全国10施設で新しい歯科用局所麻酔剤の治験を行っており、当科も参加協力しております。詳しくは以下のホームページをご参照下さい。

臨床研究
 われわれは岡山大学生命倫理審査委員会の承認を経て、以下の臨床研究を行っております。詳しくは以下のホームページをご参照下さい。
口腔癌における頸部リンパ節転移の新たな評価方法の構築
歯科治療に関連し発生した全身的偶発症の研究
歯科小手術における合併症、偶発症のCBCT およびパノラマX 線写真を用いた解剖学的検討
顎矯正手術を受けた患者のCT画像を用いた多角的研究
口腔顎顔面領域に発生したリンパ増殖性疾患に関する臨床統計学的検討討