口腔外科(病態系)では口腔に関連する諸組織に発生する多くの疾患(むし歯、歯周病を除く)の診断と治療にあたっています。
岡山大学大学院歯薬学総合研究科
病態制御科学専攻
腫瘍制御学講座
口腔顎顔面外科学分野
取り扱う疾患と治療に関する情報
HOME 
> 
治療について 
> 
取り扱う疾患と治療に関する情報 
> 
骨増量・インプラント
骨増量・インプラント
 歯科インプラントは、現在の歯科治療においてはなくてはならないものとして位置づけられています。しかしながら、インプラント埋入予定部位に十分な骨量がない場合には、そのままで埋入することはできません。そのような場合には骨増量が必要となっきます。
 当科では、一般的に難症例と言われる骨が不足してそのままではインプラント埋入が困難な症例に、骨増量を積極的に行っています。特に腫瘍などの病気や外傷などで歯槽骨を失い、口腔機能が損なわれ日常生活で大きな不便を感じてる患者さんへ歯科インプラントにて口腔機能を回復させるように当院補綴科と共同で治療を行っております。
 また、当科は公益社団法人日本顎顔面インプラント学会研修施設として認定されています。
自家骨移植
サイナスリフト(上顎洞底挙上術)
 上顎の上(頬のあたり)には、大きな空洞があります。そこを上顎洞(サイナス)と呼びます。上顎洞は鼻腔とつながる空洞で、粘膜に覆われています。上顎にインプラント治療を行う場合、上顎洞に穿孔しないようにインプラント体を入れる必要があります。そこで、上顎の骨の厚みが不足する場合は、骨の厚みを増す必要があります。その方法の一つがサイナスリフト(上顎洞底挙上術)です。サイナスリフトは、上顎洞を覆う粘膜(シュナイダー膜)をはがして上方に持ち上げ、上顎の骨との間に隙間を作り、その隙間に骨(自分自身の骨、もしくは人工の骨のもととなるもの)を入れます。
 もとの上顎の骨の厚みがある程度あれば、サイナスリフトと同時にインプラント体を入れます。しかし、かなり厚みが薄い場合にはサイナスリフトを行い、骨が出来上がるのを待って(約4~6ヶ月)インプラント体を入れます。
上顎洞を覆う粘膜(シュナイダー膜)を
はがして上方に持ち上げる
サイナスリフトと同時にインプラント体を埋入
手術直後のパノラマX線写真  
下顎骨腫瘍術後に骨増量・歯科インプラントを行った例
破折した前歯を抜歯後即時にインプラント埋入を行い機能回復を行った例
破折した上顎前歯
破折した上顎前歯を抜歯  
抜歯即時にインプラント埋入
縫合し手術終了
最終補綴物を装着  
現在、当科において骨移植を行う場合、自家骨と人工の骨補填材を混合し移植材料 とし患者さんの侵襲を軽減するようにしています。
平成23年7月9日山陽新聞朝刊