口腔外科(病態系)では口腔に関連する諸組織に発生する多くの疾患(むし歯、歯周病を除く)の診断と治療にあたっています。
岡山大学大学院歯薬学総合研究科
病態制御科学専攻
腫瘍制御学講座
口腔顎顔面外科学分野
取り扱う疾患と治療に関する情報
HOME 
> 
治療について 
> 
取り扱う疾患と治療に関する情報 
> 
口腔腫瘍
口腔腫瘍
 当科は,岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座に所属し口腔を中心に唾液腺,頸部などに発生した「癌」をはじめとする腫瘍性疾患の診断と治療及び基礎的な研究を行っております.
 口腔領域は発音,咀嚼,嚥下などの機能面はもとより整容的な面もあり,QOL(生活の質)に深く関与しています.したがって治療に当たっては,疾患の治癒はもとより,これらの機能をいかに保存し,あるいは再建するかが重要となります.
 「癌」の治療では,治癒させることが第一です.そのためには正確な診断が必要です.「癌」の悪性度の評価とともに,CT,MRI,PET-CTを含めた核医学検査などの画像診断により,その拡がりを把握することが,その基本となります.
 一般的な治療法としては,外科手術,放射線治療、化学療法などがありますが,当科では治療成績の向上と治療後のQOLを維持するために,「癌」の悪性度や進行・進展状態などから,これらの治療法を組み合わせた最善の治療法を選択し,かつ患者様およびご家族の方に病状、治療方法を十分に説明し同意を得られた上で,治療を行っています。
 近年,口腔癌の治療法は再建術や放射線療法の進歩に加え有効な抗癌剤の開発に伴い変化してきています。また、臓器・機能温存や外来治療を希望される患者様に対しては、治療法がある程度選択できる時代になりつつあります。一般に、初期の口腔癌に対しては切除手術が、進行癌に対しては遊離皮弁による再建を伴う拡大切除手術が主体になります。当科ではこれらの治療法に加え、放射線科の協力のもとに密封小線源放射線療法,内服の抗癌剤であるTS-1と放射線同時併用療法,浅側頭動脈からの逆行性超選択的動注化学放射線療法などを行っています。